実業家の斎藤一人さんの名言や考え方から生き方を学ぶ。

斎藤一人(実業家)の名言・格言【有名人から学ぶ生き方のヒント】

斎藤一人(実業家)の名言・格言【有名人から学ぶ生き方のヒント】

 

【人物紹介】
斎藤一人(1948年~)。
日本の実業家であり、「銀座まるかん」の創業者。
東京都江戸川区小岩生まれ。キリスト教系の幼稚園を経て、江戸川区
立西小松川小学校・江戸川区立松江第二中学校卒業後、さまざまな職を経験。
1970年頃から漢方茶の販売を開始。その後、漢方をベースにした化粧品や
健康食品の開発に着手し、銀座日本漢方研究所(現・銀座まるかん)を創業する。
会社経営を通して様々な成功法則を導き出し、広く人々にその生き方を説いている。
日本中に多くの信奉者・ファンを持つ。素顔は極力さらさないことで有名。
ファンの前でのみ講演をし、その講演を元にした様々な成功法則や生き方に
関する書籍を出版している(講演の多くは、音声のみ公開されている)。
自著にて発表するところでは、高額納税者公示制度(長者番付)12年間
連続10位以内。実質手取り額(税金を差し引いた残りの額)で日本一。
2001年までに納めた税金は国税だけで138億1910万円。
総資産200億円(現金で)、平均年収は30億円。

 

私が長者番付に載るようになってからお金に対する質問が
たくさんくるようになりました。でも私は仕事は一生懸命するけど、
そんなにお金の事は考えずに生きてきた方だと思います。
しかし質問されればその質問に対して私なりに一生懸命答えてきました。
よく私に質問する人の話を聞いていると「この人達は私に
人生の答えを求めているんだな」と思う事があります。
それは学校で試験の答えを求めるように社会に出てもどこかで
答えを教えてくれる人がいるんじゃないかと思ったり、答えを教えて
くれる書物があるんじゃないかと思っているらしいという事です。
残念ながら人生にあなたの求めている答えが載っている教科書はありません。
自分で一生かけて、あなたに合った教科書をつくるのが人生勉強という事です。
そしてあなたがつくった教科書で人に説明しても、その人の求めている
答えとは違うものなのです。では「勉強しても無駄ですか?」
というとそうではありません。人生というのはパズルのようなもので、
ここにはおおよそ「こういう答えであっていると思うよ」という所までは
勉強する事ができます。しかしパズルにぴったりはめるには自分なりに
工夫したり削ったり足したりしないとぴったりはまらないものなのです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

「お金とは何ですか?」っていうとこれは神様からのご褒美だと思っています。
一生懸命働いてお金が入って来るっていう事は世の中のお役にいくらかは
立ったんだと商人なら考えます。自分がどれくらいお役に立っているかの
バロメーターです。だからこれは非常に大切なものだと思っています。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

「世の中は金じゃない」とか「何でも金で解決しようとする奴は
ロクなもんじゃない」って聞いた事があるでしょ。でも何でもお金を
出さないで解決しようとする奴もロクなもんじゃないと思う。
だからお金を幸せになるために使う。
使い方を知らない人は不幸になってしまうんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

入る額より使う額を少なくしたら勝手に貯まった。
物凄く単純な問題なんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

必要以上のお金を持とうと思った時が苦しい。
それから必要なだけないと苦しい。
魚屋は魚で商売するから魚がたくさんある。
でも普通の家庭に魚屋みたいに魚がたくさんあったら
大変な事になっちゃうよ。普通の家庭にはその日
食べる分の魚があればいいんです。それ以上の魚をね、
求めるから、おかしくなっちゃう。あんまり必要のないものを
求めると苦しくなっちゃうよ。だから全て適当な量でいいんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

お金を持ったからって威張っていると嫌な奴に見える。
お金を持ったからって威張るのはよしな。
高速道路のサービスエリアなどでベンツから降りてきた人が
トラックの運転手に怒鳴っている。「出て来い!」って。
道を譲らなかったから、それがいけないんだと。
ベンツに乗れるくらいお金が残ったのなら今頑張っている
トラックの運転手の気持ちくらいわからなくちゃ。
自分にお金がなかった頃の事を忘れて昔の自分と
同じ立場の人をいじめるような奴はお金を持っちゃいけない。
そんなヤツからはお金は必ず離れていく。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

感謝の多い人って必ず成功するんだよ。
でも、いい事があったら感謝するでは普通なんです。
いい事なんて滅多にないから感謝が少なくなっちゃうんです。
それよりも嫌な事にも感謝する。自分が失敗した時は
「あ、こういう事をすると失敗するという事がわかった」なんです。
人に騙された時は「ああいう人に騙されたんだ」恨むより
騙されたお陰で「世の中にああいう人がいるってわかった。
もっと出世してから騙されたら膨大なお金を取られてた」って
嫌な事にも感謝する。だから良い事、悪い事、両方に
感謝できる人間になるんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

若い人はね、お金なんかあまり貯めちゃダメだよ。
それより1万円ずつ貯めるなら5000円ずつにしてね。
あとの5000円分は会社のためになる本でも読む。
それでね、会社へ行ったら倍働くんです。
そうすれば嫌でも出世するの。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

お金の事で苦しむ事があるとしたら必要以上のお金を
求め出した時。それから必要なお金がない時。
お金そのものに力があるという事はない。
それをどうやって活かすかなんです。
その智恵を持った時に力になるんだという事です。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

お金を遣っちゃっていいんだよ。無駄遣いしない心構えを教えてと
言われるけど無理なの、そんな事。その人はお金を遣いたいんだから。
人はね、やりたいって言い出したら何を言ってもダメ。
これも自然なんだよね。だからムリをしない。自分はそういう事
なんだという事でお金を遣っちゃっていい。その代わり散々
遣っちゃっといて「お金が欲しい」とか「お金がないんだ」とか、
そんな事を言っちゃダメ。お金が貯まっている人を見て妬んだり
するような事もやめた方がいい。「私は遣っちゃって楽しいん
だから私の人生はいい人生だ」って思わなきゃ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

田や畑を耕しているなら、秋になれば実りがある。商いには秋はない。
待っていれば収穫できるものではないんです。その代わりうまくやれば
商人は毎日収穫できる。お客さんが飽きないようにさえしていれば
毎日が収穫日になる。でもお客さんに飽きられたら10年経っても無理。
30年経っても無理。商売に「待ち」の姿勢は通用しない。
自分という商品を売り続けるしかない。だからお客さんの求めるものを
キャッチして自らをそのような商品にする事が大切なんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

お客さんは楽しい事があると思うから来るんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

商人はしゃしゃり出た事をしてはいけない。知っている事も
知らないフリをする。そうすれば穏便なんです。
商人はお客さんに物を買っていただく。
誠実な人だなと思ってもらえばいいんだよ。
商人からいちいちものを教わりたいと思っている人は
少ないんだよ。お客さんは自分が一番偉くなりたいの。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

要らないものを手に入れようとするから苦しい。
人間は要らないものを持ちたがるんです。
商人は地位も要らなきゃ、名誉も要らない。
学歴も必要ありません。地位を求め、学歴を求め
何かを求め出した時に人生が狂ってくる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

商売って人様から、えこ贔屓にしてもらう事なんだよ。
商人って人様からえこひいきしてもらえるような性格になること。
えこ贔屓しちゃいけないなんて学校だけだよ。
商人っていうのはお客さんからえこ贔屓してもらうこと。
300m離れていようが500m離れていようがわざわざ
来たくなっちゃうくらい可愛がってもらえる性格になる事なの。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

「商人頭」になること。この言葉は私の造語です。
これはプロ意識を徹底させるために遣っている言葉で
商売に不必要なものをギリギリまで削り落とすための心構えなんです。
儲からない事をするのは商人として失格だから。
商人頭と客頭というのがあってね。商人頭になっていないから
商人をやっている人がみんな客にされてしまう。
私はこの商人頭を徹底的に貫いてる。
本社事務所は巨大なビルではない。
小さな平屋建ての商店で内装もシンプルそのもの。
商売に必要なものだけ用意されている。商売にとって
無駄な事は一切しない哲学が極限まで徹底されているんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

お金を儲けるコツはお客さんを喜ばせる事。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

サラリーマンにとってのお客さんは勤めている会社の社長さんです。
サラリーマンに給料をくれるのは社長さんしかいませんから。
だから社長に喜ばれるような事に投資するんです。
社長に喜ばれる事は何でしょう。
答えは会社の業績がのびること、それ以外にある訳がない。
そのために今自分は何ができるのかを考え自分に投資してください。
そうすればやがてあなたは会社とって欠かせない人間になる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

商人ならお客様からお金をもらったら当然「ありがとう」っていいます。
サラリーマンの人もお給料をもらったら社長に「ありがとうございます。
感謝しています」というだけで全然イメージが違うし社長も喜んでくれます。
人がやらないから自分もやらないではなく良い事は絶対やった方が得だよね。
親が子供にお小遣いをあげる時も必ず「ありがとうは?」
って聞くクセに自分はできない人のなんと多い事か。
うちは大会社で社長に会う機会がないっていう人がいるけど
ハガキ1枚でもいいから出してみな。世の中全然変わるから。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

「授業中、喋ってばかりいて、しょうのない子だね」と
怒られてばかりいた人はお喋りが得意なんです。
人を楽しませてお喋りができる人。
それが商人の世界では才能なんです。
お客さんに、物凄く好かれるいい商人になる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

モノを売るのは簡単です。
私はね「それは簡単です」って言うのが口癖。
「簡単なんですよ」って聞いて「あ、それは簡単ですね
」と思う人は成功者なんです。失敗者は何でも
「それは大変ですね」とか、「それは難しいんですね」という。
何でも難しいが口癖の人は失敗者になってしまう。
結局、難しいからといって何にもしない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

大手に負けちゃいけない。大手が出てきたら
袋叩きするぞくらいの気持ちでなくちゃダメ。
まず気持ちで負けない事。
気持ちがね、負けちゃダメなんだ。
気持ちがまず勝たなければダメなんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

商いは経費が掛からない方が勝ちです。
だから大手などに商店、中小企業が負けるはずがないんです。
ただ大手が出てくると相手が大きいので負けたような気がする。
ところが、それは気持ちの問題だけ。
相撲取りと子供が喧嘩しているような気になってしまう。
でも商いは相撲と同じではないのです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

実力は速さであると私は思っています。
例えば設計士さんに店舗設計を依頼すると、
その場でアイデアを出せる人と、そうでない人がいます。
その違いはどこにあるかというと、その場でアイデアを出せる人は
依頼が来るずっと前から店舗設計を考えているのです。
「じっくりやる」というのは普段から何も考えていない証拠です。
そして頼まれてから考えてできた設計と、その前から
考えている人が設計したものとではデキが全然違ってしまう。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

人の倍は働く心構えで仕事のスピードを上げてください。
ただし、これには心づもりをする必要があります。
人の倍働くと必ず周囲から「あなたばかりがそんなに
働いてはいけない」と抵抗が出てくるんです。
この時スピードを落としてはいけません。
逆にもっとやるのです。
そうするともう一つ上に上がる。
飛行機が離陸する時と同じです。
空気抵抗を受けてエンジンを噴射させる時、
上昇気流が起きて飛行機を上に上げてくれるんです。
人の倍働いて周囲の抵抗を受けた時にスピードを
落としたら上昇気流は起こらない。
「私は働くのが好きですから」といっていればいい。
これを何回か繰り返していれば、もう頂上です。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

よく「お金がないから商売に失敗した」というけど、それは間違い。
事業が失敗したのはお金がないからではなく、知恵がないから。
知恵がないからお金がない。お金がないから失敗する。この順番です。
だから商売人は知恵を出して、商売を繁盛させなければいけないんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

仕事は喜んでするものだから合わない仕事は1秒たりとも
しちゃいけないよ。石の上にも3年いたらお尻が痛くなるだけ。
嫌だと思った仕事だったら、すぐ辞めな。嫌々働いているのは、
そこの社長さんにも悪いし、自分にも悪いの。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

商売はスピードが命です。
だけど、ただスピードが速いだけじゃダメ。
スピードが速いだけでは事故を起こすからね。
頭の中は常に落ち着いていなくちゃいけない。
冷静でなくちゃいけない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

苦労しなきゃいけないと思っている奴は答えを求めて研究して
研究して研究を重ねる。でも最終的な答えが出た後で
「あんた、その答えどうやって出したの?」と聞くと
「実はポンと出たんです」というんだよ。
ひらめきというのは一瞬で出る。そういうものなの。
人は苦労なんかしちゃいけないと思ってる。
そのコツはいつもワクワクして楽しくてしょうがないように生きる事だよ。
心配事なんか絶対にしちゃいけない。
楽しくてしょうがない時にポンと出た答えは楽しさしか呼んでこない。
ところが苦しみから生まれた答えは苦しみしか呼ばないんだよ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

自分に食べきれないほどの料理を出すなら飢えている人に分けてあげる。
それがいい王様なんだよ。それをやらないで人から恨まれるっていうのは
ちょっとアホだよね。人は必要な分だけ食べていればいいんだよ。
それが利口な生き方なんだ。利口な生き方と凄い生き方っていうのは違う。
凄くなる必要はないの。何で凄いと思われないといけないの?
必要のないものを持って何が凄いの?それが荷物になるんだよ。
そんなもの、荷物にしてズルズル持って歩いてね。使いもしない
ものを持って歩いて人から恨まれる奴はちょっとアホだよね。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

一生懸命自分に投資し他の人の倍働く。
そして出世した。給料も貯金も増えた。
それだけでもハッピーなんです。それに輪をかけてハッピーに
なる方法があります。それは、あなたが今までやってきた事で
「この方法で成功したよ」というものを自分の部下や後輩に
伝授するんです。「そんな事をしたら下の人間に追い抜かれ
てしまう」などと心配する必要はない。与えたら、その与えたものが、
後で返ってくるから。これが社会の摂理というものなんです。
「これは自分が考えたやり方だから、人には教えられない」といって
いる人間と一生懸命教える人間とでは後者の方が遥かに豊かになる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

一生懸命やっても好かれない人、上手くいかない人っているんだよ。
そんな人は自分が楽しそうにやってるかどうか考えてみて。
心から周りの人の仕事を手伝ってやりたい人は、必ず楽しそうにやってるよ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

「成功するには苦労はいらない」「人間はみんな幸せに
なるために生まれてきたんだから」「苦労しちゃいけない」
これが私の持論です。成功していない人の話を聞いていると
たいがいは間違った事をして苦労していたの。
例えばこんな間違いです。見栄を張らないでいい時に
見栄を張ってしまう。収入以上のお金を遣ってお金に困る。
自分が得意でない事を仕事にしている。
自分が得意な事は、その人にとっては簡単な事。
だから苦労はしていないんです。何か上手くいかない事が
あった時、自分のやり方に何か間違いがあると思えばいい。
そして、その間違いを正せば苦労はなくなります。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

考え方の転換をする。
収入を10倍稼ぐのに10倍頑張ろうと思っても1日24時間なんだから
それ以上頑張りきれるはずがない。仕事を10倍難しくしようと思っても
今でも相当難しい事をしているのだから、10倍も難しくできない。
だから今の仕事を10倍簡単にやれないかを考える。
その方法を探す。それが見つかれば稼ぎを10倍にできます。
そのためには、これまでのやり方のまま、仕事の量を増やそうとしても
不可能で、仕事の質を変えるしかない。これまでより10倍仕事が
難しくなると考えたらダメ。頭を切り替えて、これまでの仕事を10倍
簡単にする方法を考えるんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

何でも我慢、辛抱だって、やらなくていい。
自分が生きやすい場所がどこかにあるから。
その人にピタっとはまる場所が必ずある。
窮屈だと思ったら努力と根性なんて言ってないでね。
自分がはまる場所へ行くの。
人は何度も生まれ変わるんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

プロとは速く動いて気持ちが冷静な人。
経済の時代って何ですかっていうと全員が経済を学ぶ時代だという事。
経済と生産性が伴っている事。要するに速く動いて気持ちが落ち着い
ている人なんだ。で、そういう人の事を世間ではプロと呼ぶ。
プロの板前さんはオーダーがいっぱい来て忙しくなってもさっと動く。
包丁を持って指を切ったりしないかなと思うけれどね。
そんな事はないし砂糖と塩を間違えたりなんて事はない。
プロのサッカー選手だって気持ちは冷静なんだけれど体は速く動くんだ。
緊迫した状況の中で冷静に身体を動かし、的確にシュートを決める。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

魅力ある商人、魅力あるサラリーマンとは沸騰点に達した人の事。
だから自分の温度が100℃になるようにしないといけない。
自分の温度を沸騰点に到達させていく。
鍋が10倍大きければ沸騰させるのが10倍大変なんだよ。
という事は鍋を小さくする。
鍋が小さければ、すぐ沸騰するからね。
店を広げるなっていうのは、そういう事なんだよ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

本当のカッコ良さって自分の人生を映画にした時に
自分がカッコいい主役になれるかどうかだと思う。
カッコ良くないとダメだよ。
最終的にカッコいい奴に人は付いてくる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

自分も楽しくて周りの人も楽しくなるためには何をしたらいいのかを考える。
この答えが見つかった時、心がパッと明るくなります。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

会う人、会う人を敵とみなして戦う必要なんてないんです。
相手を自分の味方にする。これが最高の成功の法則。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

商品の魅力なんて、もう当然の話です。
魅力的なものでなければ商品としては力不足。
商品の魅力に加えて、それを売る人間の魅力も
必要だと私は思っています。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

成功した人は自分の成功談を人に教えたくてしょうがない。
成功談というのは聞いているだけでも楽しいけれど話している
のも楽しいから。その上人に教えてあげると感謝される。
ところが実際にはなかなか教えてくれない。それはなぜかというと
教えたくない環境を作ってしまうからなんです。だから「良かったね」
「あなたは偉いね」といってあげればいい。そうやって褒めてあげれば
「ちょっと来て。あなたにいい事教えてあげるから」という事になる。
そうすると知恵が出せない人でも知恵が持てるようになります。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

いつの時代にも経営のコツというのはありません。
芸にはコツがあるから歌舞伎役者とかには何代目とかがいる。
経営にコツがあれば誰でも我が子に教えるから三代目とかで潰れない。
だから「コツがないって事を早くわかる」のがコツなんです。
ただ、ひたすら仕事の事を考える。ひたすら努力するしかないんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

問題は誰だって起きて欲しくない。でも起こるんだよ。
だから起こった問題をちょっと変えてみる。
レモンに砂糖を入れればレモネードになる。
酸っぱくて飲めないような物もちょっと変えてやるだけで美味しくなるんだよ。
問題とはチャンスです。望まなくても来るものなら、そう考えるんだよ。
また問題が起こって事態が変わるという事は本当にチャンスなの。
ちょっと見方を変えてやれば、その問題がチャンスだとわかるんだよ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

井戸掘りをする時に地面を5、6回掘った程度で水が出ると
思ったら大間違い。そういうのは、まだまだ覚悟が足りない。
水が出るまで井戸を掘る。
そして深い井戸ほど、出た水は綺麗なんです。
井戸を掘る場合、そこに水脈がなければ水は出ません。
でも人間に水脈がない人はいません。
要するに才能が出ない人はいない、という事です。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

誰かに仕事を頼む時には必ず予防注射を打つ。
「この仕事は普通の人だと20回くらい失敗するけど君の能力
だったら10回ぐらいでいけるから、だいたい10回ぐらいやり直せば
いけるよ」失敗5回の能力でも10回でいければ大したもんだと言う。
これが予防注射なの。
それを一発でいけるみたいな事を言っちゃうから挫折しちゃうんだよ。
で、その社長にも会いたくないってなるんです。
あらかじめワクチンみたいなものを打っておけば心の抗体みたいなもんができる。
仕事ってね、肉体的には疲れない。精神的なものなんです。
だから精神的な予防注射があればいいんだね。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

あれを頼まれたりこれを頼まれたりするうちに、段々得意分野が
出てくるようになる。すると本人も、その得意な事を喜んでやるようになる。
周りの人も、その人に仕事を頼るとうまくやる事を知っているから、
そういう仕事を頼むようになる。
そうやって自然にそっちの道に行くようになるんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

どうしたら働き者を見抜けるようになるかって?
それには酷い目に遭えばいい。
人間5、6回痛い目に遭うと同じ手は食わなくなる。
だから酷い目に遭えば人相見になれるんだよ。
人間は人生で苦労している時、人生の勉強をしている。
人使いで苦労している時は、人使いの勉強をしている。
全てが勉強なんです。社員選びはまず人間のいいのを集める。
それは能力があって性格が良い人。
能力があっても性格の悪いのはダメ。
性格はいいけど能力がないのもダメ。
だから会社は少ない人数だけでやるようにするのがいいんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

世の中の事は全部、白か黒に分けられると思っているかもしれない。
だけどグレーゾーンというものもある。
そのグレーゾーンの広い方が楽しく生きられるんだよ。
もちろん法律とかのグレーゾーンは良くないけれど。
白黒はっきりつけなくちゃいけない事なんか、ほんの少しなんです。
全ての事に白黒はっきりさせようというのは無理がある。
グレーゾーンが狭い人は心の幅が狭いから商売も上手くいかない。
力を抜いてダラッとした感じで「まぁ、いいか」とね。
そういっていると、だんだんグレーゾーンが広がっていく。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

人間は際限がない創造物でありながら制約も受けている。
育った環境とか社会制度とか世間の常識とかね。
そういう色んなものが人を制約している。でも人間には際限がない。
陸上競技の選手って今100m10秒を切っている。
昔はそんなの無理って言っていた。
だから将来9秒切る人が出てくるかもしれない。
際限がないのが人間だから、人間には色んな事ができる。
制約を作っちゃうのは、ある種の恐れなんだよ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

頭が悪い、何ができないっていうけれど、できなきゃできないで、
別にそんなもん、どうだっていいんだよ。例えばの話ね、泳げなきゃ
浮き袋があればいいしね。変な話、海に入らなきゃいい。
泳げない人の方が溺れる率って低いの。
大概ね、泳げる人の方が溺れちゃうんだ。
だって泳げない人って水に近づかないもん。
嫌々ボートに乗せられちゃったりすると、いの一番、
救命胴衣を探したりして。
だから泳げない事はマイナスじゃなくてプラスなんだよ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

「今、落ち込んでいるんだ」という人がいるけど私は
「内に入る」と捉えるんです。呼吸と同じでね。
息を吸ったり吐いたりするでしょ。
それと同じで心も内に向かう時と外に向かう時がある。
私は心が内に向いている時は内に向かせておくの。
だって心が内に向かうのは悪い事じゃないから。
誰だって静かに心の中に入って休みたい時がある。
だから心が内に向かうのは自然な事なんです。
そのうち自然と外に向かうようになってくるから。
試しに息を吸い込んだままにしてみたら?
吸い込んだままじゃ苦しいから自然と吐くでしょ。
心もそれと同じなの。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

学校の勉強がダメだからといって、それがどうしたっていうの?
自分はダメ人間なんだって考えても、ためにはならないんじゃないの?
だって人の事を偉いと思うために頭を使うと重くてしょうがないもん。
他人と比較するより昨日の自分と比較した方が楽しいよ。
ウサギがトラになる必要はないよ。
ウサギにはウサギの繁栄の仕方があるんだ。
ウサギってトラのようなキバを持ってないんだよね。
だけど敵から逃れるための長い耳と足を持ってる。
だからトラみたいにキバ剥き出しで向かって行く必要はない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

神様が与えてくれないものは要らないものなんです。
それがわかっていないから3倍も5倍も努力してもできなくて
ダメ人間だと自分に烙印を押してしまう。
私は英語とか数学はいらないから、やらなかった。
そのかわり中国の思想とか、様々な歴史の本だとかに
興味を持っているから勉強したんです。
他の人が一生使わないものを勉強している間に、私は自分に
必要な事を勉強した。だから今はいろんな事を知ってる。
これがもし神様が与えてくれなかった才能を落ち込みながら
一生懸命努力してたら私は必要な事を知らないままでいる事になっちゃう。
だから先生が何と言おうと関係ない。
要らないものは要らないと見抜ける力が私の才能なんだから。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

稼ぐ人になるにはヒット商品を生み出さなきゃ。
それにはアイデアを出さなくては。必要なアイデアはポンと出るもの。
ひらめきとは一瞬に出るもの。
そのためには頭の中に必要な情報をいつもインプットしておく。
すると、ある時ポンと結果が出てくるんです。
だから、あんまりアイデアを出そうなどと苦労しちゃいけないと思ってる。
そのコツはいつもワクワクして楽しくてしょうがないように生きる事。
心配なんか絶対しちゃいけないね。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

良い物と良い物がくっ付くと足し算じゃなくて掛け算になる。
相乗効果で魅力が膨らんで、それが爆発的に大きくなる。
組み合わせというのは無限に増えていく。
それをじっと見ていて、さらに良い組み合わせを考えていくわけ。
これが商品の魅力を大きくするコツなんです。
例えばラーメンがこんなに流行ったのは日本の蕎麦から。
夜鳴き蕎麦といって江戸時代に屋台で売っていた
蕎麦のツユに中華麺を入れたのがラーメン。
それで日本人は味噌汁が好きだから、味噌と
組み合わせたのが味噌ラーメン。
バターと組み合わせてバターラーメン。
これが魅力ある商品を生み出す時の基本的な考え方です。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

時々、自分にこう言う事にしているんだ。
「お前、何かを恐れていないか?」
人って新しい事に遭遇すると知らないうちに恐れを生んじゃっている。
限界を超えるっていう時、一番自分が嫌な事をやらないといけない。
嫌な事だから限界を作っている。
だけど、その嫌な事にちょっと踏み出すと
限界は超えられる。そうすると楽しいんだな。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

成功への道っていうのは上を目指さないで行ける訳がない。
だけど股を思い切りひろげて届かない所を狙って何としてでも
上がっていこうとしても、しょうがないんだよ。
そんな事をしても股が裂けるだけじゃないか。
だから「一つ上」なんだよ。
人には必ず「一つ上」というものがある。
そこに的を絞って勉強していけば楽なんです。
自分の手の届くところに手をかけてみる。
足がかかる所に足をかけて上がってみる。
それなら無理はないよね。
で、それをやったらまた「一つ上」をやる。
そうやって、ずっと上を目指していけばいいの。
これをやり続ければ死ぬまで上に行くんだ。
そんな事を死ぬまでやり続けるのって皆さんしんどいと思うでしょ。
でも「一つ上」をやり続けていたら楽なんです。
それが自分を高めるために必要なものなんです。
それをやっていると苦労がないの。
「一つ上」の努力をしていると楽しくて面白いって事がわかる。
今の自分とかけ離れた事をやるのは面白くないと思うよ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

どんなに向上心が旺盛であっても自分より弱い相手を倒したらダメ。
自分より強い相手、勝てるかどうかわからない相手に挑む。
はじめから勝てるとわかっている相手を倒すのは闘いじゃない。
そんなのイジメでしかないんだよ。
挑戦には、ここまで来たからもういいという事がない。
どんなに成功しても向上心を失わないのは
難しい事だけど謙虚な心があればそれができる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

人生を豊かにする方法を知っていればお金儲けも
同じ要領でできる。精神的に豊かになる事ができれば
経済的に豊かになる事も本当はできるんです。
だって、よく生きる方法と、よく稼ぐ方法とは全く一緒だから。
人生の生き方を覚えたら商いなんて訳ないよ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

辛くて苦しい仕事も楽しくやる時代なんだ。
仕事をやらなくていいという事ではない。
仕事は苦しい苦しいってやるもんじゃないよ。
勉強もそう。
強いて勉めるんじゃなくて遊ぶがごとくやる。
楽しくてしょうがないからやる。
これからは楽しさの時代なんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

商売をやっていて、どんなに不況だろうと「どんな時でも幸せになろう」
という気持ちがあったらお客さんを喜ばせる事ができるんです。
心の中で解決するものは解決し、現実に向かっていく。
それが精神論です。
この精神論を利用すれば人生、何でも成功すると思います。
だから私は精神論で商売する事がやめられません。
これからも精神論でやっていくつもりです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

自分がやった事が失敗なのか、成功なのかは自分が
一歩前に踏み出した時にはじめてわかるんです。
だから何かをすれば答えが出る。自分の事を
「ツイてない人間だ」と思っている人は何もやらない。
やらなければ成功はないけど、失敗もないから。
でも私から見ると何もやらない人生、挑戦しない
人生は楽しくないし、つまらない。
そういう人生こそが、大失敗なんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

 

 

 

いかがでしたか。
参考になる考え方はありましたか?
同じ人物内やジャンル内でも今後更新して
増やしていきますので、また見に来てくださいね♪
僕も毎日お寺で修行中ですよ。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ホーム RSS購読 サイトマップ