「今でしょ!」の林修先生の名言や考え方から生き方を学ぶ。

林修(予備校講師)の名言・格言【有名人から学ぶ生き方のヒント】

林修(予備校講師)の名言・格言【有名人から学ぶ生き方のヒント】

 

【人物紹介】
林修(1965年~)。
東進ハイスクール・東進衛星予備校国語科専任講師。担当は現代文。
祖父は日本画家の林雲鳳。父は大手酒造メーカー元副社長。
12歳年下の妻は産婦人科医で2016年に誕生した長男がいる。
東海高等学校卒業後、東京大学法学部へ入学し卒業。
男子校育ちのため見た目にこだわらない高校時代を送ったが、東京大学
入学時は100kgを超える巨漢であった。大学生の時、コンパで好みの女性が
「あんなデブと付きあうわけない」と陰口を叩く瞬間を聞いてしまい、
死ぬ気でダイエットを始め半年で体重を70kgに落とした事もあった。
日本長期信用銀行入行後、長銀経営研究所でアナリスト職を希望していたが
配属されず、長銀を5か月で退社。その後、家庭教師をしたり、友人と
投資顧問会社やIT企業の走りのような会社を起業して失敗したり、
株取引で大損を経験したり、競馬で食費をつないだりしていた。
予備校講師になるまでの3年間は「火事になったこと」と「泥棒に
入られたこと」以外は覚えておらず「空白の3年間」と呼んでいる。
この時期に、株取引やギャンブルの失敗で1800万円の借金を抱えた
(親族からの借入れ)。東大の同級生が官僚やエリートビジネスマンに
転身した中、家庭教師という職業の自分を嫌っていたが、借金返済の金策が
必要であることから知人の紹介で塾講師としてアルバイト生活を開始。
その後、指導力を評価され予備校講師になった。その時分かったのは
「勝てる場所で誰よりも努力すること」というものであった。
東進ハイスクールのテレビコマーシャル「いつやるか? 今でしょ!」が
話題となり、2013年度新語・流行語大賞年間大賞を受賞するなど
予備校講師としては異例の著名人となった。

いつも授業で「全員が受験勉強を熱心にやって全員東大へ行って
全員学者になったらこの国は潰れる」と言っている。トラックの運転手や
建設業など様々な職業で頑張っている人がいるから世の中が上手くいく。
だから学生の全員が受験勉強をした方がいいなんて僕はコレっぽっちも
思っていない。しかし自分がやらないからといって一生懸命そういう事で
頑張っている人を否定するのもどうかと思う。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

特に大学受験を経験していない人は学校の勉強なんて役に立たない
という意見が多い。漢字とかは役に立つとは思うけど理科とかは
役に立つとは思えないと。でもそう言っている人でもほとんどは
携帯電話を持っている。でもそれは理科を勉強した人が作っている。
だから全員がそういう分野を勉強する必要はないだろうけどそういう
理科をちゃんと勉強した人が作った携帯電話をここにいるみんな使っている。
そういう事からもそんなに役に立たないと言い切れる学問でもないんじゃ
ないの?実生活で使ったりする事も少ないだろうし、すぐにお金儲けが
できる勉強でもないけど、無駄なものってそんなに世の中にあるのかなと。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

受験生に入試の1か月前に毎年必ず言う事がある。
あとひと月だけど君たちが頑張ろうと頑張るまいと俺には関係ない。
ただこれだけは言える。
このひと月頑張れるか頑張れないかで一生を決めるよと。
どういう事かというと、4パターンある。
ひと月頑張って合格する人と不合格の人が出る。
ひと月頑張らなかったけどこれまでの貯金があって合格する人と
自然な流れで不合格の人。
ひと月頑張って合格する人と不合格の人はいいんです。
俺はひと月は頑張れたと。
問題はひと月頑張らなかった人。
これは自分はひと月も頑張る事ができない人間なのかという思いで
これからずっと生きていかなければならない。
そうなるかどうかは君たちの自由だよという話をひと月前にする。
ひと月頑張れるって実は凄い事で、ひと月頑張れると1年は頑張れるね。
1年頑張れる人は極端な話10年頑張れる。
10年頑張れる人はたいてい一生頑張れるんですよ。
これを10代のうちにやっておく事に意味があるんですよ。
それは勉強だけじゃなくてスポーツでも仕事でも何でもいい。10代の時に
俺はひと月頑張れるぞという自信を持って生きていくかどうかが大きい。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

社会に出て必要な能力は「解決」と「創造」に尽きると言い切れる。
色んな問題が起きてきて解決しなければならないし、何か新しいものを
つくっていかなければならない。この2つのためにいろいろ頭を使う訓練をする
のが学校という場所。学歴がなくても成功している人はたくさんいるけど、
この「解決」と「創造」の能力が高ければやっていける。この能力を高めるには
学校の勉強はできなくてもいいけど考える能力はたくさん持ってなきゃいけない。
この考える能力を高めたければ何をすればいいか?
その方法は過去の人に頼ってください。
俺は学校の勉強をしない人は責めない。でも本を読まない奴は嫌い。
いい本も悪い本もあるけど、そこには一人の人間が知恵を絞って命がけで
刻んだ事だから貰っておいて自分の材料にすればいいんじゃないかな。
こういった読書をする時間を増やす。
君ら仲間大事でしょ?仲間だよ、本の作者って。
コイツの書く事メチャクチャいい。
この作者とは友達になれそうっていう作者いるもん。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

読書の習慣がない人には歴史の本を読んでもらいたいなぁ。
林流の歴史の本の読み方はこんな感じです。
歴史って派手に勝っている人物の方に目が行く。
ナポレオンや織田信長など。あんまりそこは見なくていい。
勝つ時っていうのはとんでもない偶然も起きる。
野球の試合とか見ていても、こんな場面でこんなプレー出て勝つか?
という事も多い。でも負ける側の人間ってだいたい共通なんですよ。
敗因は3つ。
①情報不足
この資金でやっていいのか?これだけの人数で勝負していいのか?
情報がきちっとしていればこの戦いをすると負けるとか判断できる。
②俺はできるという「慢心」
③これでいいはずだという「思い込み」

心に響いた方は右のボタンを!投票0

漢字が読めないと人がせっかくくれているヒントとか知恵とか貰い損ねるよね。
それって勿体ないと思う。結構いい事書いてある本があって、自分が悩んで
いる事を既に体験していて100年前とかに答えを出してくれている奴とかが
いる訳なんだよ。そこで字が読める漢字が分かる事でこの悩みはこう考えれば
いいんだって勉強していると物事のとらえ方そのものが変わってきたりする。
凄く難しく考えていた事が実はこう考えればいいと知る事ができる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

僕は学校でやった問題の解き方が人生で意外と役に立つなという気が
している。直接役に立たないかもしれないけど根本の考える道具になる
ものを実は学校っていっぱい教えてくれた所なんですよ。だけど実生活で
それを応用してこう使いなさいという教え方はしていないからわかりにく
いけど、上手に活用すれば一生の中で結構役に立つ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

20代の時にやりたい放題やったら1800万円くらい借金を抱えた。
起業の失敗とギャンブル含めての総額で。
東京大学法学部卒業して銀行に入ったけど、ちょっと自分には合わない
なと思ったのですぐに退職した。そして自分でいろいろとやり始めたけど、
借金ばっかり増えてまぁー上手くいかなかった。でも自分なら何とか
やれるだろうって思ってやっていたけど全然ダメだった。何とでもなるし
何にでもなれると思っていたけど大間違いだった事に気付いた。
自分ができる事なんて限られている。そこまで借金したけどやり直そうと
思えたのは人に何かを教えるという仕事は自信があったのでこの仕事に
専念して一生懸命やれば何とかなるだろうと思っていたから。
でも何故なかなかやろうとしなかったのかというと自分は東大の法学部を
卒業しているので自分の友達って官僚とかになって凄い活躍していたので
小さな塾とかで仕事をやっているってなんか惨めな気持ちになったから。
俺もあいつらと同じように会社をド派手に作ったりして見栄張ってやって
みたんだけど、やっぱりそんなもんダメなんだよ。やりたい事をやっていて
上手くいく奴はラッキー。だから「やりたい事」と「やるべき事」を分けて
「これだったら勝てる」っていう教える仕事で失敗したら俺はもう今頃
この世にいなかったかもしれない。でもここに戻ってくると絶対に何とか
なると思っていて、戻ってきて頑張ったら実際何とかなった。
今成功できているのは、いっぱい負けたからだって。20代の時にいっぱい
負けて借金背負った結果、やっぱり自分にはここしかないと可能性を
どんどん消していった。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

よく授業でも言うんですよ。
「努力は裏切らない」っていう言葉は不正確だと。
正確にいえば「正しい場所で、正しい方向で充分な量をなされた」
努力は裏切らない。好きな事は趣味でやればいい。
仕事っていうのはお金をもらってやる事だから
それはお金を払う人に対して責任を取らなければならない。
こっちが好きか嫌いかなんてどうでもいい。
向こうがお金を払った事に対して責任が取れるか。
そういう事がちゃんとできてプライドが持てるか。
そこだけでいいと僕は思っている。一つの考え方ですけどね。
だから好きな事はお金を払ってやればいい。
仕事はお金をもらう事だから自分がやれるべき事をする。
何か思いがあるなら語ってしまった方がいい。
ブログでもTwitterでもFacebookでも何でもいい。
自分が何か言ってみることでそれを知った誰かが「君ちょっとこれを
やってみないか?私がちょっと力を貸してあげるよ」と言ってくれる
人が昔に比べて非常に簡単に現れる時代になったので夢はインター
ネット上に書くなりして発表しちゃった方がいい。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

今はおじいさんやおばあさんと一緒に住んでいない核家族の方が
多いですが、これは人類の歴史上とてもおかしな事なんです。
子供っていうのは一族の中に位置づけられた大きなバスケットの中に
いて皆が支えていた。それを今では父母の2人の4本の手で支える事を
している。4本だとその手にとてつもない重さがかかる。だから父と母だけで
子育てしようとするととんでもない覚悟がいる。そういう覚悟がなければ
親になってはいけないとまでは言いませんけどもそれくらい大変なものを
背負い込む。そういう自覚を持っていただかないと子供なんてまっすぐ
育つものではないんですよ。そもそも人間というのは生理的早産。
普通の動物だったらもう少し母親のお腹の中にいる。
馬なんかは生まれたその日に自分で立って歩く。
人間の子供は歩くのに1年も2年もかかる。生物としてとんでもなく
早く生まれてしまう子供が世の中に出てきた時にどうやってその子を
育てていくかというと社会全体で子宮となる社会的子宮となって
育てていくというのが人間。今までは一族であるおじいちゃんや
おばあちゃんがいて、お父さんやお母さんがいて子供がいるという
少なくとも3世代くらいはいる中で何とか8本の手で子供を育ててきた。
これでもきついくらいですよ。
ここで2つの家庭を紹介します。
日曜日の夕方6時から放送されている「ちびまる子ちゃん」も
6時半から始まる「サザエさん」、ここも典型的な3世代家族。
ああいう人間関係の中でしか実はなかなか子供って育っていかないんです。
何年くらい面倒を見なければいけないか。生物としてみるとまず10年。
脳がヒトといえる段階に育つのに10年かかる。
ちびまる子ちゃんの家族でいうと父「ひろし」と母「すみれ」、その子供に
姉の「さきこ」、妹の「まる子」、そしておじいさんの「友蔵」。
一番のポイントになってくるのは「友蔵」。
まる子と友蔵との関係は文化人類学的にいうと冗談関係といって
緊張を緩和する関係になる。母親の「すみれ」は優しいお母さんだけど
まる子は「オバカ!」などと怒られ結構緊張関係がある。
姉の「さきこ」からも結構攻撃力がある。
いわゆる長女のいやらしさを持っており、まる子は次女のずる賢さを
持っている。こういった関係の中で友蔵との関係は救いになって、
まる子はさくら家というバスケットの中ですくすくと育っていく。
でもまる子を支えているのはそれだけではないんですよ。近所のいろんな
人達がいて支えているからまる子がまっすぐに育っていくんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

親子関係の種類は4パターンしかない。

 

【親】 【子】
男 ― 男
   ― 女
女 ― 男
   ― 女

 

過去の歴史上のいろんな親子関係を親と子供が男性同士なら最終的に
戦いになる。父親と息子は闘いになる。昔は父親が強くて息子を千尋の谷に
蹴落とせばよかった。「這い上がってこい!」と。ところが今は息子側が
弱いので父親がこのように追い込むと潰れる。知り合いの大学教授の方に
聞いたんですけど大学教授のお子さんで特に息子側に鬱病の人が非常に
多いらしい。父親が論理的に追い込むものだから子供がへし折れてしまう。
こういった家庭にも、ちびまる子ちゃんの友蔵がいれば変わっていたはず。
父親と娘の関係はというと日本ではなかなか難しくて、外国のドラマで
よく素敵なパパと娘が出てくる。あれが理想の関係です。
「パパ大好き!パパ最高!」。ああいった関係に持ち込めるかどうか。
これは父親の責任です。絶対格好良くないといけない。
娘を一人の女性だと思って口説くとまではいかないですけど、この関係を
作れたら勝ちです。それができなかったら「パパのパンツと一緒に洗わないで!
パパ臭い!パパ生理的に受け付けない!」と言われてしまう。
親が母親の方がまだ楽だと。
お母さんの事が嫌いな息子は根本的にいない。
全員お母さんが大好きなんです。
にもかかわらず途中から嫌いにしてしまうのは100%母親が悪い。
だから母親は息子を良いマザコンにしていかなければならない。
良いマザコンというのはお母さんがしっかり面倒見てくれた事が
ちゃんと自覚できている息子。
4パターンの中で母親と娘の関係性が一番楽。
恐らく反抗期が一番激しいのがこの関係性。
しかし女性は母親に対しても母になれる。
母親を上から見て最終的に外から見たら友達になれるような
関係にもっていけるのでここは割と楽。
しかし母親の事が嫌いな息子や娘が出てきてしまう。
どうしたら良い関係性を作っていけるか?
方法はたった一つしかない。
実はこの話は吉本隆明という、よしもとばななの父親である
有名な哲学者の文章に書いてあるので紹介します。
「女性が自分が創造した料理の味に家族のメンバーを馴致(飼いならす。
競走馬を馴致するというと鞍を乗せてちゃんと人間が走れるように訓練
するという事)させる事ができたら、その女性は家族を支配できるに違いない。
支配という言葉が穏当でなければ家族のメンバーから慕われ、死んだ後
でも懐かしがられるに違いないと言いかえても良い。それ以外の方法では
どんな才色兼備でも高給取りでも社会的地位が高くても、優しい性格の
持ち主でも女性が家族から慕われる事はまず絶対にないと思ってよい」
このように書かれていますが僕はこれは非常に正しいと思っている。
ご飯しかないって言っているんです。
だからちょっと面倒だからっていってスーパーの総菜を買ってくる、
お金だけ渡してちょっと食べておいてという事を何年も何年も積み重ねて
いくうちに絶対に嫌いになるはずのない息子や娘に母親が嫌われるって
いう事が起きるんです。家で手作りのものをちゃんと食べさせる。
忙しいのはわかるけどそこは絶対に譲ってはいけない。
そういった考えが折れたら母親が子供の尊敬を受ける事はない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

最も重要なのは3歳から5歳。この時期に左脳が大きく成長する。
「言語」とか「論理」とか。
この時期に大切な事は2つ。
子供自身が「たくさん喋ること」と「手を動かす事」。
その2つをちゃんとやると子供の脳が成長する。
3歳から5歳の時期に親が必ずやってあげなければならない事は
子供の「なぜか?」を上手く受け入れる。子供の「なぜか?」は
面倒くさいですよね?答えを出そうとするから面倒くさいんですよ。
どうすればいいか。「なんでなの?」と聞かれたら「なんでだと思う?」と
返せばいいんです。そしたら自分で考える。子供が自分で考える時間を確保
するために親は跳ね返してあげるだけでいいんです。一番いけないのは
「お母さん今忙しいから後で!」。多くの親が言いがちなんですが子供が
「なんでダメなの?」と聞いた時に「ダメって言ったらダメ!」。
子供はなぜダメかを聞いている。にもかかわらず「ダメって言ったらダメ!」
と言う。これは絶対に言ってはいけない。
こういう対応をしていると子供は聞くのをやめてしまうんですよ。
自分の世界に閉じこもっていくんですよ。
子供が「なんでダメなの?」と聞いた時に「どうしてダメだと思う?」と
聞けばいいんです。とにかく子供が自分で考えて言葉を発するように
誘導してあげるっていう事が実はすごく大事。それを大好きなお母さんと
やっていれば楽しいコミュニケーションの時間にもなる。それが人間の脳を
育てていく途中で絶対に必要で、そういった事を経ないである年になって
色んな問題が起きてきた時に「これをどうしたらいいですか?」と聞かれても
それまでの年月の中で事が起きている訳ですから。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

子供が本を読まないとか勉強をしないって親が言うんですけど
親自身がまず本を読むんですか?って聞きたい。親が楽しそうに本を
読んでいる、本を読んで聞かせた子供はほぼ全員が本を好きになっています。
親がテレビ見てどの芸能人が結婚した離婚したって夢中になっている状態で
子供に本を読みなさいと言っても子供が読むわけないじゃないですか。
自分がやらない事を子供にやらせるのは最悪です。自分にはできなかった
からといってその夢を子供に乗せるのは最悪です。もし子供にやらせたいと
思うのならまずは自分がやっている姿を見せるしかない。学生時代に勉強を
してこなかったけど今楽しそうに生活をしている親を見ていて子供は
勉強しようとは思わない。子供からすると勉強できなくてもなんとかなる
じゃんと思ってしまう。でも親が勉強している姿を見せると子供も勉強し
なきゃという気持ちも多少は増してくる。
それでも勉強が嫌いな親から好きな子供は出てきにくい。
学生時代勉強ができても世の中上手くいっていない人はたくさんいます。
勉強ができなくても幸せな人はたくさんいます。
でも親たちは子供に勉強をさせたがる。
勉強なんてさせるものではないんです。本人がやる気になるかどうかだけ。
僕は若い先生などにも言うんですけど『教育』という字を読み間違えるなと。
教師は教えたがりで自分についてこいという教育をするんですけど
『教育』という字を「教え育てる」という風に読んではいけない。
我々ができるのは「教える」ところまで。後は「育つのを願う」のみ。
勉強ができると世界が広がって面白いよという風には見せる。
そして相手がじゃあ自分も勉強やってみようかなと思うかどうかは正直
わからない。僕はこの仕事を20年以上やってますけど、これまで生徒に
勉強をやらせようと思った事は一度もないですよ。一生懸命自分の持って
いるものを伝えようとする、教えようとはしますがそれで彼らがやって
くれるかどうかは彼ら次第です。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

子供には3つの事をしっかりやってあげる事が大切だと思います。
・見つめる
・信じる
・躾ける

 

2つはできている人が多いと思います。
問題は最後の躾ける事。
問題の大半がここにあるとしたらどうしますか?
躾けるのに最も大切な事は何だと思いますか?
躾けるために方法はいくつかあるけど2つに絞るなら、

 

①食べ物で好き嫌いのない子供にする(アレルギーは除く)。
あるお嬢さんの家庭教師をしていた事があった。
勉強を頑張ってテストの成績が凄く良かった。
向こうのお母さまが「うちの娘が勉強頑張ったのでどこかへ食事に
連れて行ってくれないですか」と言われたので「どこがいいですか?
何がお好きですか?」と聞くと「うちの娘は何でも美味しく食べられる
ように私が育ててきましたのでどこでも結構です」と言った。
きちんと躾けられているお嬢さんと食事に行くと箸がちゃんと持てて
好き嫌いがない。そうじゃない人はまず箸をちゃんと持てなくてこれダメ
あれダメと平気で言う。好んで食べたくないものはあっていいと思うけど
〇〇は食べられないと平気で言う人がいるんですけど食べられない訳ない
んですよ。食べている人がいるんだから。そういう事を平気で言う人がいる
と皆で食事をしている時に皆に気を使わせてしまうのでそういう躾は大切。

 

②姿勢
躾にもいろいろあるけど親が子供に躾けなければいけない最も大切な事は
姿勢。昔は子供に物凄くうるさく言ったけど最近はあまりうるさく言われな
くなってきた。なぜ集中力がないか?集中する姿勢ができていないからです。
なぜ宿題ができないか?ちゃんと机に向かって宿題をする姿勢ができていな
いから。姿勢が正しい不良って見た事あります?やっぱり姿勢のいい人って
姿勢のいい人が多いんです。昔は家でも学校でも姿勢が悪いと長い物差しで
叩かれ物凄く注意された。2時間勉強し続ける事ができるという事は2時間
集中できる姿勢ができているかどうかなんですよ。集中力がないと言うのは
簡単なんですけど集中力を維持するための訓練がされていないという事なん
です。やる気にならない、集中力がない、落ち着きがない、大きい声が出ない・・・
こういったものは全て姿勢から影響を受けている。

 

「個体発生は系統発生を繰り返す」というヘッケルの反復説について。
教科書にも載っていた進化論というものがある。それは人間の姿勢が良く
なっていく姿が映し出されている。姿勢が良いと重力がまっすぐ下へ落ち
るので負担を減らす事ができるので脳が大きく成長するようになった。
1つの種が進化していく過程が実は一つの個体(一人の人間)が成長して
いく過程と似ているという事を反復説では言っている。人間は幼い頃は
猿並ですが人間の遺伝子が入っているから成長する。
でも姿勢が猿のように背中が丸まったままだったら成長を止める。
3歳から10歳くらいまで姿勢が悪いと致命傷。
だから昔の人は科学的な根拠がなくても背筋を伸ばしなさい、肘をついては
いけません、足を組んではいけない・・そういった事をちゃんと教えた。
子供がゲームをする事が良くない理由はする時の姿勢。
姿勢が良いままでできるのであればやっていいと思う。
親が姿勢に関して子供にきちんと躾ているかどうかは
その親の姿勢がいいかどうかを見ればわかる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

1回きりの自分の人生をどう使うかは基本的には自由。
他人に迷惑をかけていないのであればニートはダメだという考え方は全くない。
僕はクラスで特に上位の生徒には親のスネはかじれるならかじれと言う。
僕も一人子供がいます。まだ小さいんですがこれから大きくなっていく
中でどれだけ僕のスネをかじるかが楽しみなんですよ。ちょっとやそっと
かじられたくらいでは倒れないように僕も準備してきたのでスネをかじれよ
と思っているんですよ。でもスネをかじれる相手がいない人に対しては
申し訳ないなと思っていますけど、親になって思いますけどね、親は
「人は平等だよ」って口では教えるんですよ。「差別しちゃいけない平等だよ」と。
一方では自分の子供が有利になるようにとことん頑張るんですよ。
親としては他人に迷惑を掛けられるのが一番困る。だから世に送り出した
親に経済面含め迷惑を掛けてくれと思っている。だから親が良いと言って
くれるならニートでもいいんじゃないかなと思っている。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

自分の人生だから好きな事をして税金も払わないという選択が全体の
中で一部なら社会は成り立つ。普通に働ける人が全員それをやった時には
社会は破綻する。既に経済学者たちがフリーライダー問題というものを
研究している。フリーライダーとは税金など義務である社会的費用を負担
せずタダ乗り同然に公共のサービスを受ける人たちの事。
好きな事だけをやっていると提供されない公共サービスが出る。
社会的サービスの穴が開きまくって恐ろしい世の中になる。
我々は思っている以上に日本社会の恩恵を受けているんですよ。
多くの人が趣味に没頭するだけでこれだけの道路網が発達するか?
国防はどうか?警察はどうか?
ゴミを処分するのでもゴミ袋は有料ですけどそれを使ってゴミ出しをして
それを持って行ってくれる人がいて、1基200億円するゴミ処理施設建設
を造ってそのゴミを処理してくれる人なんて自然に発生はしない。
我々は社会的コストが掛かる暮らしに慣れちゃっているからですよ。
そういう社会的コストを考えるとある人の試算ですけど年収で890~920
万円ないと社会のお荷物だと書いている人もいる。これは子供がいるか
いないかで違ってくるので独身の人はもっとこの数値が下がるんですけど、
非常に我々は社会的なコストが掛かる、それを当たり前と享受する暮らしに
なってしまっているので今のシステムを維持するのは大変。
ニートの人たちから見たら満員電車で運ばれて仕事頑張っているのに
給料明細を見たらいろんな税金などが引かれていると不満はあると思うけど、
辛い思いをしながら頑張って働いている事で社会を支えている部分って
結構大きいんですよ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

この国の社会的サービスをたっぷりもらっているくせに被害者面して
日本の事を悪く言っている人がいるけど、それならこの国を出て行けばいい。
社会的サービスをもらっているくせに文句を言う資格はないだろう。
もう一つの方法は嫌なら自分の力で変えればいい。
政治家になって変えてしまえばいい。
文句があるのにそこに居続けるのは僕は一番大嫌い。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

社会のお世話になってもいいやという考え方の人はそれはそれでいいと思う。
僕は結構偉そうな事も言う人間ですから「アイツ偉そうな事を言っているけど、
結局社会のお世話になって生きている人間じゃないか」と言われるのは、
これはプライドが許さない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

僕は予備校教師でありながら浪人制度は大反対なんですよ。
大学受験は決められたことがきちんとできれば受かります。
入試というのはこういった事が試験に出ますといった明確な分野な
訳じゃないですか?ある人はここまでの期間でできる。勝手に延長
して1年2年とやればいい大学に行けるに決まっていますよ。
しかも今の日本の大学の定員を考えれば(2018年現在で現役受験者
65万人、入学者68万人)浪人生がいなければ浪人生出ないんですよ。
それをワンランク上の大学に行くために1年や2年余分に使うのは
その使い方はどうなの?って思う。仕事でも納期はここですよって言われて、
自分の都合で納期を延ばしました人とは取引できないですよ。
浪人が1年だとほとんど問題にならないんですよ。だからもう1年かけて
しまった事のマイナスが大きくマイナスに作用してしまう事があるという
事を率直に受け止めていかないといけない。その中で自分に合う所を探して
いかなきゃいけない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

学歴が高いのってどっちの評価も過剰に出るんですよ。
やっぱり東大卒の人って凄いよねと実際以上に評価されるか、
東大卒のくせにあの程度かと、実際以上に酷く言われるかの
両極端に分かれてしまうので高学歴を手に入れれば馬鹿にされ
ないというのはその後上手くいった時にはそうなるだけ。低学歴の
人が定職に就いていなければしょうがないかと世間は見るけど
高学歴の人が同じ状態なら同じようには見てくれない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

世の中で出来ると言われている人は『解決』か『創造』のスキルが高い。
両方持っているという人は少ないですけどね。話題になっているお金持ち
のZOZOTOWNの前澤社長は高卒です。学歴がなくてもあれだけの事が
できる。今アパレルは不況だと言われているのにインターネットで一気に
売るシステム、採寸しなくてもスーツが買えるシステムを『創造』してしまう
とお金持ちになって剛力彩芽と月に行けるんです。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

僕がよく書くマトリックスがあって、横軸にはやりたいとやりたくない。
縦軸にはできるとできない。どっちの軸で考えるかが人生の分かれ目。
やりたいかどうかの軸を絶対と思って考える人と、できるかどうかの軸を
絶対と思って考える人で分かれる。
やりたいかどうかの軸で考える人はスティーブ・ジョブズ型。
ジョブズは「私は本当に好きな事しか続けられないと確信している。
何が好きなのかを探しなさい。あなたの仕事にも恋人にも」と言っている。
一方で林先生みたいなタイプはできるかできないかで考える。
自分ができると思っている事ではなくて多くの他者が認めてくれる「できる」。
この人はこの仕事ができるねと言ってくれる意味で使っている。
『やりたい』『やりたくない』というのは偶然が大きいと思っている。
2011年の東大の文章にアイヌの長老のやりたい事が載っていた。
どんな事がやりたいと思っているのかというと素手で熊を仕留めたいという事。
熊はアイヌの世界では神の使いだったんですよ。
それをある時期から鉄砲で打つようになってしまった事にどうも気を
とがめている。この文章を授業で使う時に何を言っているかというと、
人間の何かしたいという願望って実は環境とか情報とか外部の要因に
出会ったものなんです。今ゲームを作りたいという人も、もし100年前に
生まれていたら多分その願望はなかったはずなんですよ。だから僕は〇〇
したいという願望というのは結構偶然だなと思っているんですよ。
人は情報に欲望を喚起されて何々したいと思う。だから仕事においてなどの
やりたいという要素はそんなに絶対的なものなの?と思っている。
いろんな偶然の出会いの中でこういう願望がいつの間にか情報が内部化
されて自分の思いにすり替わってないのか?っていう風に思う所がある
んですよ。でも『できる』というのは偶然ではないんですよ。
これに関しては必然。
仕事はやりたくてしかも『できる』のであれば一番いいですよ。
別にここの部分は否定していないですよ。
どっちが正しいとか言っている訳ではなくそういった別のタイプの人間も
いるという事を頭に入れる必要がある。
僕は『やりたくないけどできる』という事が平気でできるんですよ。
例えば学生時代にピンチヒッターでかわりに塾へ行って欲しいと言われ
た時にもいくつか行きましたけど、どの塾へ行っても来週から来てよと
言われたんですよ。でもやりたくなかったんですよ。だから大学を卒業して
銀行に入ったんです。その後に投資とかいろいろやってやりたい事を
やったんです。でも自分には向いてないなと思っていたんですよ。
それで3年で決着をつけたんです。理由はこれ以上借金が増えると返すのが
大変な事になりそうだなと思ったからなんです。考えてみたんです。
俺はなんでこの仕事をやりたいと思ったんだろうって。当時羽振りのいい
連中は六本木などディスコでワイワイやっている。儲かっていると雑誌や
テレビで情報が流れてくる。俺はこの情報で踊っていたなと思った。
だから『やりたい・やりたくない』の軸で考えるのはやめて、できる事を
やろうと思って予備校講師に徹してやってみるとこの30年間上手くいか
なかった事や悩んだ事は何1つない。
僕も20代の時にはやりたい事として投資会社を作ってチャレンジはした。
僕はこれを失敗の実験と呼んでいるんです。
なんか向いていないなとは思っていたんです。でもここで色々やらかし
たから自分で納得するも何も借金返さなきゃいけなかったんで。
ニートをする事には反対はしないけど見切りをつける時期はあるだろう
なとは思う。僕は今の予備校の講師の仕事を全然楽しいとは思っていない。
収入がある程度ある状態でも続けている理由は「これをやって下さい」と
言われた事を「はい」ってやっているだけです。だからテレビの仕事も
別にやりたくてやっている訳ではない。僕は人の話を聞く人間じゃないから、
人が僕の話を聞くとも思っていないんです。だから番組の収録で「そんな事を
やるの?」と思っていた。でもこういう企画を考えてやろうってところまで
たくさんの人の知恵と労力があるんですよ。しかも林修のという名前が
付いている企画などでは僕にとっては一種のゲームなんですよ。
このゲームに参加する以上は絶対に勝ちたいんです。これは僕の仮説なん
ですけど、人がこれがいいと思う事って実はシンプルなんじゃないかなと思う。
やりたい事をやっている時に「よし!」と思う人もいれば結果を出した事で
「よし!」と思うタイプもいる。僕は競争に参加して戦って勝つという事が好き。
自分がMCやっている番組でライバルの番組に視聴率が勝った時は「よし!」
と思ってしまう。競争社会は勝つ一人以外の負けた人間は幸せにはなれないと
言う人がいるけど、この日本は資本主義なので根本原理が競争です。
ここは否定のしようがない。この国で生きていくならこの競争を避けて
競争は間違いだと否定する事に意味がない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

僕がもともとやりたい事は本を書く事だったんですよ。
出版社から本を出しませんかという話が来たんです。
「今でしょ」というセリフで有名になる前に。
その時に自己啓発の本を書いて欲しいと頼まれた。
自己啓発の本を読んだこともないし、書きたくもないから書きませんと
いう人は多いと思うんですけど、僕はあまりそう思わないんですよ。
「あぁ俺は外部から見たら自己啓発の本を書ける人間に見えているんだな」
と思った。結果、その出版社でトータルで100万部くらい売れたんです。
でも印税貰ったり売れたという話を聞いても特に何とも思わなかったん
ですけど、僕に声を掛けてきたのはフリーの編集者だったんですよ。
僕を見つけた功績もあって大手の出版社で正社員としての採用が決まった
んですよ。そしたら奥さんの両親が凄く喜んでくれたんです。娘の婿は
将来が不安定だと思っていたら安定した地位になって良かったと。
それを聞いて良かったなと思った。これだけで自分の書きたくない本を
書いて良かったなと思えた。そうすると今度は書きたい本を書いてください
と言ってきた。これを多くの人は望んでいるはず。
『すし、うなぎ、てんぷら』という本を書いた。全く売れない。
自分が出した本の中で唯一重版にならなかった本。
ここで、売れなかったけど自分が書きたかった本が書けて良かったという
考え方もあると思う。でも僕は全然売れない自分の本を見て、こんな
屈辱を味わうんだったら、書きたくない本の方がうんとマシだったなと思った。
リベンジしたいとは思わなかった。1回自分が書きたいものを書いて
迷惑を掛けてしまった事は消えないから。
プロだから1回迷惑を掛けたらもう失格です。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

 

 

 

いかがでしたか。
参考になる考え方はありましたか?
同じ人物内やジャンル内でも今後更新して
増やしていきますので、また見に来てくださいね♪
僕も毎日お寺で修行中ですよ。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ホーム RSS購読 サイトマップ