スティーブ・ジョブズの名言や考え方から生き方を学ぶ。

スティーブ・ジョブズ(実業家)の名言・格言

スティーブ・ジョブズ(実業家)の名言・格言

 

【人物紹介】
アップル社の共同設立者の一人。CEOに
就任して以来、基本給与として年1米ドル
しか受け取っていなかったことで有名であ
り(実質的には無給与であるが、この1ドル
という額は、居住地のカルフォルニア州法
により、社会保障番号を受けるために給
与証明が必要なことによる)、このため
「世界でもっとも給与の安い最高経営責
任者」と呼ばれた。しかし、無報酬ではな
くアップルから莫大なストックオプションや
ビジネスジェット機などを得ている。2006
年にピクサーをディズニーが買収したこと
により、ディズニーの個人筆頭株主となり
同社の役員に就任したが、ディズニーから
の役員報酬は辞退していた。2003年には
膵臓がんと診断され2011年(56歳)に死去。

君たちの時間は限られている。だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。君は本当になりたい事が何なのか、もうとっくの昔に知っている。だからそれ以外の事は全て二の次でいい。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

『私は自分がしてきた事と同じくらいしてこなかった事に誇りを持っている。イノベーションとは1000もの物事にノーと言う事なのだ』(※まず一番大事にしたいものを選ぶ。次にそれ以外で捨てられるものを捨てる。人生は全てを成すには短いけれど一番大切な事を一つ成すには十分時間がある)

心に響いた方は右のボタンを!投票0

シンプルである事は複雑である事よりも難しい時がある。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

『死は生命の最大の発明』(※古いものを一掃し、新しいものに道筋を作るために「死」は存在するという、常に新しいものを生み出し続けてきたジョブズらしい解釈)

心に響いた方は右のボタンを!投票0

もし今日が人生最後の日だったら、今やろうとしている事は本当に自分がやりたい事だろうか?

心に響いた方は右のボタンを!投票0

点と点の繋がりは予測できません。あとで振り返って、点の繋がりに気付くのです。今やっている事が、どこかに繋がると信じてください。その点がどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いていても自信を持って歩き通せるからです。それが人生に違いをもたらします。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

時々、会社を起こしたいという人が相談に来る。理由を尋ねると「金儲けがしたい」と答える。こういう人にはやめた方がいいとアドバイスする。お金が目当てで会社を始めて成功させた人は見た事がない。まず必要なのは世界に自分のアイデアを広めたいという思いなのだ。それを実現するために会社を立ち上げるのだ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

コンピューターに進んだのはあまりに魅力的だったからだ。コンピューターは生まれたて同然で、やっている人がほとんどいない状態だったからだ。新しい表現媒体だったのさ。だからコンピューターに注ぎ込まれた気持ちと情熱は、例えば詩を書く事や絵を描く事に費やされるそれと、全く区別がつかなかった。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

僕らはみな、この地上で過ごせる時間には限りがあります。僕たちが本当に大事な事を本当に一生懸命できる機会は、多分2つか3つくらいしかないでしょう。どのくらい生きられるか知っている人はいないし、僕も知りませんが、でも僕には若いうちに大事な事をたくさんしておかねば、という意識があります。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

アップルとは既成概念の外で思考できる人々の事だ。コンピュータによって世界を変えたい人々、単に仕事をこなすだけでなく、コンピュータで何かを創造したい人々の事だ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

新しい事を始める時に一番大切な事は、それを成し遂げたいという情熱です。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

(※2005年スタンフォード大学の卒業式でのスピーチで)『もし私が大学を途中で投げ出していなければ、カリグラフィの授業に顔を出す事もなかったでしょう。そしてマックで様々な書体が選択できたり、字間のバランスが取れたりする事はなかったでしょう。そのような書体を備えたパソコンは世界に存在しない事になっていたでしょう。大学にいた当時、将来を見据えて点と点が結びつけることは不可能でした。しかし10年後に振り返ってみると、点と点が結びついた事がハッキリとわかりました。点が将来何らかの形で結びつくと信じなくてはいけせん。信じるものを持たなくてはいけません。勇気、運命、人生、業、何でもいいんです』

心に響いた方は右のボタンを!投票0

終着点は重要じゃない。旅の途中でどれだけ楽しい事をやり遂げているかが大事なんだ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

情熱がたっぷりなければ生き残る事はできない。それがないと人は諦めてしまう。だから情熱を傾けられるアイデアや問題を持っていなければならない。正したいと思う誤りでもいい。さもないと、こだわり続けるだけの忍耐力が持てない。我慢さえできれば、上手くいったも同然なんだ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

『23歳で100万ドル以上をかせぎ、24歳の時に1000万ドルを超えた。1億ドルを突破したのは25歳の時だった。だが、そんな事は大した問題ではない。金のためにやってきた訳ではないからね。お金で買いたいものなんて、すぐに尽きてしまう』(※ジョブズは全体的には禁欲的な生活を貫いています。マイク・マークラのように自家用ジェットを買う事も、スティーブ・ウォズニアックのように映画館を買う事もありませんでした)

心に響いた方は右のボタンを!投票0

 

 

 

いかがでしたか。
参考になる考え方はありましたか?
今後も更新を続けますので、
また見に来てくださいね♪
僕も毎日お寺で修行中ですよ。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ホーム RSS購読 サイトマップ