ゲーテの名言や考え方から生き方を学ぶ。

ゲーテ(詩人・哲学者)の名言・格言

ゲーテ(詩人・哲学者)の名言・格言

 

【人物紹介】
1832年(82歳)に死去。
■代表作■
『若きウェルテルの悩み』(1774年)
『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』(1796年)、
『ヘルマンとドロテーア』(1798年)、
『親和力』(1809年)、
『西東詩集』(1819年)、
『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』(1821年)、
『ファウスト』(1806年-1831年)

生活はすべて次の2つから成り立っている。「したいけどできない」、「できるけどしたくない」。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

人間を堕落に導く最も大きな悪魔は自分自身を嫌う心である。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

どれだけ孤独に生きても、結局いつの間にか人の世話になっているものだ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

『その夢を失くして、生きていけるかどうかで考えなさい』(※何を選ぶべきかわからなくなってしまったら、それが無い人生を想像してみる。無くなってしまった時に一番寂しいもの、辛いもの、それがあなたにとっていちばん大切なもののはず)

心に響いた方は右のボタンを!投票0

お前を苦しめている不幸を頭の中から追い払うためには、仕事に没頭するほか、良い手段は見つからないだろう。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

何事につけても、希望するのは絶望するよりも良い。可能なものの限界をはかる事は、誰にもできないのだから。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

人間は本当に落ちる所まで落ちると、もはや他人の不幸を喜ぶ以外の楽しみはなくなってしまう。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

自分の知っている事は自慢し、知らない事に対しては高慢に構える者が少なくない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

もし賢い人が間違いをしないとしたら、愚か者は絶望するほかないだろう。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

人間こそ、人間にとって最も興味あるものであり、おそらくはまた人間だけが人間に興味を感じさせるものであろう。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

人間が本当に悪くなると、人を傷つけて喜ぶこと以外に興味を持たなくなる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

才能は静けさの中で作られ、性格は世の激流の中で作られる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

全ての階級を通じて、一段と気高い人は誰か。どんな長所を持っていても、常に心の平衡を失わぬ人。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

君の値打ちを楽しもうと思ったら、君は世の中に価値を与えなければならない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

自由でないのに、自分は自由だと思っている者ほど、奴隷になっている者はない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

 

 

 

いかがでしたか。
参考になる考え方はありましたか?
今後も更新を続けますので、
また見に来てくださいね♪
僕も毎日お寺で修行中ですよ。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ホーム RSS購読 サイトマップ