ユダヤの格言から生き方を学ぶ。

ユダヤの格言

ユダヤの格言

 

【人物紹介】
ユダヤ人は頭が良く、これほど多くの成功
者を生んでいる民族はいないといわれて
います。また、ユダヤ人は世界で最古の
民族の一つでもあります。ユダヤ人は
祖国が滅亡してから1800年以上経って
1948年にイスラエルが中東の一隅に再建
国されるまでは国土を持っていませんで
した。ユダヤ人は世界中に四散し、異国に
住んで迫害を受けながらの生活を強いら
れてきました。そういった環境下で培われ
た独自の人生哲学には学ぶべき点が多く
あります。一部をご紹介したいと思います。

財産を3つに分けよ。3分の1を土地に、3分の1を事業に、3分の1を貯蓄にしておけ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

お金は悪でも呪いでもない。それは人を祝福するものである。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

0から1への距離は1から1000への距離より大きい。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

人は転ぶと坂のせいにする。坂がなければ石のせいにする。石がなければ靴のせいにする。人はなかなか自分のせいにしない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

『人が生きている限り、奪う事ができない一番大切なものは知恵である』(※ユダヤ人は長い間、家を焼かれ、土地を奪われ、財産を没収され、国から国へと追われました。そこで、ごく最近までユダヤ人の子供は幼い時から親からこのように教わってきたのです)

心に響いた方は右のボタンを!投票0

「賢人とは誰か?⇒あらゆる人から学べる人」、「強い人とは誰か?⇒感情を抑えられる人」、「豊かな人とは誰か⇒自分の持っているもので満ち足りている人」、「人に愛される人とは誰か⇒あらゆる人を褒める人」

心に響いた方は右のボタンを!投票0

睡眠ほど良い医者はいない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

『お金を貸すのは断ってもよいが、本を貸すのを拒んではいけない』(※ユダヤ人は昔から本の民族とか学問の民族と呼ばれてきました。人間に例えればユダヤ人にとって学問は血のようなものだったのです)

心に響いた方は右のボタンを!投票0

学ぶという事は、まず自分が知らない事を認める事から始まる。知らないという事を認めない者は、成長する事がない。知らないという事を認めさせる事は、知的な事なのだ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

お金で全てのものが買える。が、1つだけ買えないものがある。それは常識である。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

どのような借金でも、入口が大きく開いて、出口が狭い。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

胃の3分の1を食べ物で埋め、もう3分の1を飲み物で埋め、3分の1を空にしておきなさい。胃は頭と違って、無制限に詰め込む事はできないのだから。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

年寄りは自分が二度と若返らない事を知っているが、若者は自分が歳をとる事を忘れている。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

全ての嘘は禁じられているが、1つだけ例外がある。平和をもたらす為に使われる嘘である。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

友人には3つの種類がある。まず第一の友人は食物のようなもので毎日欠かせない。第二の友人は薬のようなもので、時々はいなければならない。第三の友人は病気のようなもので、避けなければならない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

 

 

 

いかがでしたか。
参考になる考え方はありましたか?
今後も更新を続けますので、
また見に来てくださいね♪
僕も毎日お寺で修行中ですよ。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ホーム RSS購読 サイトマップ