世界のことわざから生き方を学ぶ。

世界のことわざ

世界のことわざ

 

こんにちは。
ことわざには人類の知恵が詰まっています。
国によって独自の考え方がありますので
参考になると思います。ここではその一部を
ご紹介したいと思います。

アラビアのことわざ

何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

スペインのことわざ

『よく生きる事が最高の復讐である』(※あなたが過去において、誰かに酷い目にあわされたとする。それ以来、「いつかその人に復讐をしてやりたい」「自分がされたのと同じように酷い目に遭わせてやりたい」。そういう思いを持ち、それを引きずっていたとしよう。しかし実際に復讐するなんて馬鹿げた事は現実的ではない。じゃあどうするか?自分がよく生きればいい、自分が幸せに生きればいい、自分が立派に生きればいい。そのよい生き方、その幸せな生き方、その立派な生き方をその人に見せつけてやればいい。それがその人に対する最良の復讐だからです)

心に響いた方は右のボタンを!投票0

フランスのことわざ

金には匂いが無いが、100万円を超すと良い匂いがする。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

ハンガリーのことわざ

『逃げるは恥だが、役に立つ』(※2016年にドラマ化されて話題になった、海野つなみさん原作の漫画『逃げるは恥だが役に立つ』。作品のタイトルは、ハンガリーの「自分の戦う場所を選べ」という意味のことわざを和訳したものです。逃げるというのは決して恥ずかしいものではなく、立派な戦略の一つです。自分の力を発揮できる場所を得たいのであれば時には逃げるという選択肢も取ってください)

心に響いた方は右のボタンを!投票0

中国のことわざ

他人の目によってのみ、自分の欠点をよく見る事ができる。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

ロシアのことわざ

金がものを言う時には、真理が黙る。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

ヨーロッパのことわざ

1人の女性が20年かけて作り上げた息子という宝物をよその若い女が1週間でダメにする。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

アラブのことわざ

知らないと言って学ぶ者は、知っていて自慢する者よりよい。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

フランスのことわざ

金は積み重なるために平たい。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

インドネシアのことわざ

いくら上手に包み隠しても腐ったものは、やはり臭う。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

中南米のことわざ

節約こそが錬金術。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

モンゴルのことわざ

腕で1人に打ち勝つ、頭で1000人に打ち勝つ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

イギリスのことわざ

金の価値を知りたければ、借金をしてみよ。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

西洋のことわざ

お金は肥やしのようなもの。まき散らさないと役に立たない。

心に響いた方は右のボタンを!投票0

イギリスのことわざ

『幸せは去った後に光を放つ』(※お金持ちになるとか権力者になるとかというのは客観的な事だが、1つの目標ともなり、それが「成功」などといわれる事がある。お金持ちになる事や権力を持つ事を目指す人も多いが、それを得たとしても幸せに結びつく事ではない。かえって不幸となりやすい事もある。実は幸せは日常の何でもない所にある。しかし人は、この事になかなか気付けない。失った時にはじめて気付く事になるのだ)

心に響いた方は右のボタンを!投票0

 

 

 

いかがでしたか。
参考になる考え方はありましたか?
今後も更新を続けますので、
また見に来てくださいね♪
僕も毎日お寺で修行中ですよ。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ホーム RSS購読 サイトマップ